スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2010.11.28 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

押尾学の求刑がなぜ軽かったのか

検察の求刑は予想されていたよりも軽い求刑となったが、どうしてこんなことに
なってしまったのだろうか。
法曹界からの刑が軽すぎるとの批判が出ているから、判決になにかしらの影響が
でるかもしれない。
押尾学はいま、なにを思っているのだろうか。

検察側は「119番通報以外に田中さんを助ける手段はなかったのに、自己保身のため通報を怠り、見殺しにした」として懲役6年を求刑。弁護側は保護責任者遺棄致死罪について改めて無罪を主張、結審した。判決は17日。(産経新聞)

普通に考えれば判決は求刑の約8割となる5年前後となりそうだけど、
その判決だったら軽すぎると思う人が多いだろう。

裁判員たちがどんな判断を示すか、多くの国民が注目しているわけだから、
判決を下すのは大変だろうね。

ベアフットドリームス
アイグナー
aigner




スポンサーサイト

  • 2010.11.28 Sunday
  • -
  • 11:31
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク


selected entries

categories

search this site.

sponsored links

others

リンク集